吉相の間取りで開運家づくり「家相建築設計事務所」

正しい家相で理想の間取りをご提案。風水、方位学

階段

Tagged
建物の中央部の階段は家相の上では大凶相になる
基本的に階段は、中央を避ければ、どの方位に配置しても大丈夫。 おすすめは北東の鬼門方位です。 北東は日当たりが悪く、鬼門なので水まわりや玄関を配置することができません。このスペースを階段にしてしまい、他の方位を玄関や水まわりにあてたほうが、 家相の良い家づくりがしやすくなります。
中央階段は家相上大凶!脳や視神経の病、心臓病、骨折を伴う怪我、交通事故など注意
今回は階段の家相について説明します。 階段は建物の主要構造部の一つなので、建築上とても大切な部分です。 重要なのは家相学でも同じで、この扱いを間違えると大変なことになります。なんといっても注意してほしいのは、「中央階段」と呼ばれる家相で、建物の中央部に階段を設置してしまうことです。 しばらく前までは、中央階段を取り入れ...
家相では、建物の中心点から半径2メートルの範囲も「方位の一つ」と考える
  今回は建物の中心(中央部)の扱い方について説明します。 方位といえば「八方位」と言われ、北・北東・東・東南・南・南西・西・北西の八種類を指しますが、実は、この八方位に「中央」を加えて「九方位」と考えるのが正しいのです。 「中央」とはまさに中心部のことで、一般的な住居などの建物では、建物の中心点から半径2メートルの範...