書斎

Tagged
☆連載ブログ61「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ㉚ 書斎☆
書斎を使う人が経営者の場合には、適している方位は北方位。家相学的に、北方位の書斎を利用していると、部下に対する指導力が高まり、 部下から信頼も得ることが出来て、職場の人間関係が良好になります。
家相建築設計事務所 連載ブログ 27 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ①
    こんにちは、佐藤秀海です。   今回から、拙著「よくわかる家相と間取り」(エクスナレッジ)のポイントを説明したいと思います。     先日も、この本の読者がわざわざ大阪から私の事務所まで来訪されました。   正しい家相を知っていただくためにも、一人でも...
家相建築設計事務所ブログ連載十六回 ⑯家相の流儀 書斎と子供部屋
      こんにちは、佐藤秀海です。 今回は子供部屋・スタディルーム・書斎などの部屋割りについて説明します。     子供部屋のポイントは、建物の東から東南方位にかけて配置することです。   朝日をしっかりと取り込むことができる方位が、子供たちの成長には欠かせません。 &nbs...