リビング

Tagged
連載ブログ67「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ㉟」       駐車スペース、神棚と仏壇
家相学上、車は排気ガスを出す不浄物として扱われます。 そのため、駐車場の位置にも気を配ってほしいと思います。最も避けたいのが、建物の一部を車庫として利用するビルトインタイプ。これは方位にかかわらず凶相になります。
家相建築設計事務所 連載ブログ58 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ㉗ 採光と通風にこだわる部屋
人が集まるリビングは採光に最もこだわるべき部屋。人がたくさん集まるということは、その人たちがエネルギーをもらえる部屋であるべきです。 昔の家相では、玄関は鬼門から避け、トイレ、お風呂、階段はすべて東南方位に集中させてしまい、結果的にあまったところにリビングを置くということもありました。    
家相建築設計事務所 連載ブログ 35 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ⑤-5  Мさん邸
新居に住み始めてМさんが感じたことは「まるで違和感がない」ということ。以前から住んでいた家のように、とてもしっくりくるのだそうです。これは、吉相の家ならではのことです。環境が大きく変わる引っ越しは、私たちにとても負担がかかります。
家相建築設計事務所 連載ブログ 32 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ⑤-2  Мさん邸
家相学では建物の構えをとても大切にします。一般のゾーンニングでは、建物の構えにはこだわらずに配置を決めていくので、結果的には凸凹した形の家になります。しかし、家相建築では、最初に建物の形を決めてしまいます。  
家相建築設計事務所ブログ連載十一回 ⑪家相の流儀 リビング
    こんにちは、佐藤秀海です。 今回は家族が集まる憩いの場、リビングの家相について説明します。   家相を考えた家づくりの基本は、建物の構えと玄関の方位、ガスレンジなどの火気やトイレなどの水まわりの配置にあります。   しかし、それだけよくしても「家相だけよい家」にしかなりま...