4/20(金) 家相建築家養成講座「家相塾」を開催します。詳しくはこちら。

玄関

Tagged
家相建築設計事務所 連載ブログ57 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ㉖ 部屋別でわかる「吉相と凶相」!
玄関は「家の顔」と例えられ、パワーある方角「東南巽方位」が最良と昔から言われていました。ただ、玄関が良いだけで、家がよくなるわけではない、という考え方が家相の主流です。 たとえば、南間口の狭い土地で、東南巽の玄関を作った場合、南を向いた部屋が作れなくなります。
家相建築設計事務所 連載ブログ 48「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ⑰ 家相を左右する、水まわり・火気・玄関の位置 2/2
玄関の方位で家の動線が決まる   家の構えと同じく大事なのが、家の顔ともいえる玄関の位置です。玄関の配置は家相の良い家づくりでも最も大切な工程の一つと言えます。玄関の方位や位置によって、家の動線が決まってしまうので、慎重に考えなければいけません。家相学上、玄関の範囲は土間である三和土(タタキ)の部分を指します。基本的に...
家相建築設計事務所 連載ブログ 47 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ⑯ 家相を左右する、水まわり・火気・玄関の位置 1/2
家相学は方位学でもあるので、家の吉凶を判断するにあたり、重要な要素を占めるのが「不浄物」を配置する方位です。「不浄物」とは、基本的に火気と水まわりのことで、具台的にはキッチンのガスレンジや浴室の給湯器、浴室・トイレ・浄化槽などを指します。この不浄物の配置が悪いと、家族が健康を害したり、悪い影響が出るとされています。
家相建築設計事務所 連載ブログ 44 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ⑬ 中心と磁北
建物の中心について   家の吉凶を観るときには、方位盤を使い、家の中心から見た方位の吉凶で判断します。そのためには、方位盤を建物の図面上の中心と方位盤の中心をあわせる必要があるので、先ず建物の中心を図面上で確認することが、家相の良い家づくりの一歩となります。家相学上の中心とは、建物の1階の重心のことを指します。大地に直...
家相建築設計事務所 連載ブログ 35 「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ⑤-5  Мさん邸
新居に住み始めてМさんが感じたことは「まるで違和感がない」ということ。以前から住んでいた家のように、とてもしっくりくるのだそうです。これは、吉相の家ならではのことです。環境が大きく変わる引っ越しは、私たちにとても負担がかかります。
家相建築設計事務所ブログ連載十九回 ⑲家相の流儀 門 と フェンス と アプローチ
     こんにちは、佐藤秀海です。    今回は門と塀、アプローチなどについて説明します。       家相学上、家の周囲をフェンスや塀で囲むことは、とても大切です。   神社にも必ず鳥居があり、寺院にも山門がつきものなのは、鳥居や山門に出入りを限...
家相建築設計事務所ブログ連載六回 ⑥家相の流儀・五つの要素 玄関  3/6 
       こんにちは、佐藤秀海です。    それでは、今回は玄関について説明しましょう。     前回説明した建物の構えとあわせて、住む人の運勢に大きく関わる大切な場所の玄関は、家相学では「家の顔」と例えられています。   もちろん、家相だけではなく、玄関...