吉相の間取りで開運家づくり「家相建築設計事務所」

正しい家相で理想の間取りをご提案。風水、方位学

張りと欠け

Tagged
家相学で「家の顔」と言われる玄関は鬼門と欠けを避ける 
 前回説明した建物の構えとあわせて、住む人の運勢に大きく関わる大切な場所の玄関は、家相学では「家の顔」と例えられています。 もちろん、家相だけではなく、玄関の位置がしっくりこないと、家の動線もおかしくなってしまいます。 まさに、家相の智慧と建築の知識の両方を取り入れてほしいのが玄関なのです。 昔から「鬼門方位の玄関はそ...
家相学では、建物の構えは凸凹がない長方形が無難
こんにちは、佐藤秀海です。 それでは、前回に引き続き、家相学の吉凶判断の基本である五つの要素の中の、建物の構えについて詳しく説明をします。 家相学では、建物の構えは凸凹がない長方形を無難と考えます。 採光などにも適した東西に長い6対4のバランスが良いといわれていますが、基本的には、長方形や正方形の構えはすべて無難な構え...
家相の悪い凶相の家に住むと、どんな災いをこうむるのか
皆さんは、家相の悪い凶相の家に住むと、どんな災いをこうむるのかご存知ですか? 一言で言ってしまえば、不幸になるのですが、不幸にも種類があるので、これから説明します。 そもそも、家相学では建物の吉凶を次の五つの要素で判断します。 1、建物の構え(形) 2、玄関の方位 3、ガスレンジ・給湯器など火気の方位 4、トイレ・浴室...