吉相の間取りで開運家づくり「家相建築設計事務所」

正しい家相で理想の間取りをご提案。風水、方位学

料金について

鑑定

家相鑑定  ¥50,000-
現在住んでいる家の間取り、これから購入・移転される物件、アパート・マンション等の家相の吉凶判断、移動方位や購入時期についてアドバイス致します。
※鑑定によって、プランの変更作成を希望される場合は下記の「平面プラン総合鑑定」になります。
平面プラン総合鑑定  ¥100,000-
皆様のご要望に合わせて、家相学上、無難な平面プランの作成を行います。もしくは、ホームメーカーや設計事務所で作成されたプランの修正も可能です。
最終プラン確定まで、追加料金なしで何度でも変更ができます。
可能であれば、設計担当者とご一緒に事務所までご来訪ください。お客様と設計担当者から打ち合わせがスムーズに進むと喜ばれています。
※二世帯住宅・店舗併用住宅の場合には、割増料金を頂くことがあります。
出張鑑定       ¥80,000-+交通費

新築候補地への出張鑑定を行っています。

出張鑑定+平面プラン総合鑑定   ¥170,000-+交通費

出張鑑定と平面プラン総合鑑定のセットプランです。
現地に足を運んで、周辺環境や地相の鑑定を行い、その土地にあった最良の建築計画をご提案しています。
※地相が悪い場合には、土地の購入について強く反対をする場合もございます。滅多にはないケースですが、悪しからずご了承ください。

出張鑑定+建物鑑定   ¥130,000-+交通費
現地に出向いて、現在のお住まいや会社・事務所・店舗・工場などの家相鑑定を行います。家具や机のレイアウト、外回りの家相(門扉や汚水管の配管経路など)について、現地で直接アドバイスしています。

家相監理

家相監理とは、新築やリフォーム工事の設計図書の作成から施工現場の監理まで、すべて当社で行うものです。 家相学上、無難な間取りを作っても、施工会社がその通り施工してくれるわけではありません。
もともと、建築現場では、事前に用意した設計図書よりも現場での施工図が優先されるので、 汚水管の配管経路など、現場での変更を余儀なくされる場合があります。
しかし、家相では、この汚水管の経路や門扉の位置に至るまで、すべて理由があって決められているので、現場で勝手に変更することはできません。
これ以外にも、図面の段階ではわかりにくい細かなことまでチェックできます。
この家相監理には、主に大手ホームメーカーのように自社で設計・施工を行っているケースのための「家相監理1」と一般の工務店で施工するケースの「家相監理2」の2種類があります。

家相監理その1       建築予算の4%~6% 予算の総額によって要相談
  1. 現場調査
  2. 地相鑑定
  3. 平面プラン作成
  4. 各種設計図書の閲覧・確認
  5. 施工会社との打ち合わせに同席
  6. 着工日、竣工日などを含めた工程のアドバイス

家相監理その1では、当方で作成した平面プランをもとにホームメーカーで各種図面を作成、その図面のチェックや各種検査の立ち会いを行います。
自社で設計から施工まですべて行ってしまうホームメーカーでも、家相の部分に特化して当社で適切な監理とアドバイスを行います。
東京のTさん邸では、あるホームメーカーに施工を依頼され、当社が家相監理1を行いました。特に汚水管の配管経路に関しては、 当事務所に施主・営業担当者・設計担当者・現場担当者が集まり、建物の内部を通さず最短距離で外に出した配管経路を確認しました。
しかし、その後の当社の検査で、トイレの汚水管が和室の仏壇の下部を通していることが発覚。 修正工事のため、すでに打ち上げられた基礎をあらためて貫通しなければならないことになりました。 もちろん、無事に建物が竣工するケースもありますが、安心のために当社に依頼されるケースが増えています。

▶家相監理その1参考例① 福島県I市 M様邸新築工事 総額:1,200,000円
  • 構造:木造平屋建て
  • 設計開始から竣工までの期間:約1年間
  • 建築予算:2,000万円(概算)

M様邸の施工は地元の工務店数社との合見積もりの上、大手ホームメーカーのS社に決まりました。 S社は通常ベタ基礎を標準仕様としていますが、家相では土地が呼吸できる布基礎を推奨し、基本的にはベタ基礎を採用しません。 しかし今回S社はベタ基礎部分に塩ビ管で息抜きをする工法を提案されたので、この点も考慮して施工を依頼しました。
【主な作業】
現場出張、平面図の作成及び修正、各図面のチェック、見積もりのチェック、施工会社の決定、施工会社との仕様打合せに参加(ホームメーカー社内)、地鎮祭・上棟祭に参列、施工現場チェック、竣工検査立会い

▶家相監理その1参考例② 北海道M市 R様邸新築工事 総額:1,800,000円
  • 構造:木造平屋建てならびに木造平屋建て
  • 設計開始から竣工までの期間:約1年2か月間
  • 建築予算:6,000万円(概算)

R様邸は、店舗として使用する木造平屋建てと、住宅として使用する木造2階建ての2棟を家相監理しました。 施主は当初、鉄骨の三階建てで1階を店舗とし、2階以上を住居とする考えでしたが、佐藤秀海の現地調査後、2つの建物を建築する計画に落ち着きました。 施工は地元の工務店に依頼し、断熱など詳細の設計は北海道の気候風土に精通した設計事務所が担当し、当社では、基本となる平面図と配置、特に2つの建物がお互いに無難となる配置やアプローチなどを細かく設計しました。
【主な作業】
現場出張、平面図の作成及び修正、各図面のチェック、地鎮祭への参列、現場施工チェック、竣工検査立会い

家相監理その2       建築予算の8%~12%予算の総額によって要相談
  1. 現場調査
  2. 地相鑑定
  3. 平面プラン作成
  4. 各種設計図書の作成
  5. 施工会社との打ち合わせに同席
  6. 各種検査(配筋・断熱・防水・竣工等)の実施
  7. 着工日、竣工日などを含めた工程のアドバイス

家相監理その2では、設計事務所が行う一般的な実施設計+現場監理と同等なもので、 敷地の調査から各種図面の作成、施工業者の選定や見積もりチェック、工事着工から竣工までの現場チェックを行います。
費用についても、一般の設計事務所が行う設計+現場監理と同等で、家相を取り入れたからと言って、増額されているわけではありません。 設計監理費用の負担は同じで、家相も取り入れることができると、喜ばれています。

▶家相監理その2参考例① 神奈川県 S様邸新築工事 総額:5,000,000円
  • 構造:鉄骨3階建て
  • 設計開始から竣工までの期間:約1年2か月間
  • 建築予算:5,200万円(概算)

現在の住まい(木造平屋建て)を解体し、鉄骨3階建てに新築する計画。施工会社は施主の指定で決定済み。地盤調査等の結果から基礎の補強などを提案。 施工会社の提案では、1階をビルトイン車庫にする凶相のものでしたが、駐車スペースを空地に取った無難なプランにまとめました。 当方のチェックの結果、鉄骨の不具合なども見つかりましたが、最終的には工期通りで竣工、当初の予定通り、施主は方位学的にも無難な時期に入居することができました。
【主な作業】
現場出張、地盤調査及び測量立会い、解体工事立会い、設計図書の作成、確認申請業務、 見積もりのチェック、各種打合せ、地鎮祭・上棟祭・竣工祭に参列、施工現場チェック、竣工検査立会い

▶家相監理その2参考例② 東京都 I様邸新築工事 総額:5,000,000円
  • 構造:木造2階建て+RC1階車庫
  • 設計開始から竣工までの期間:約1年間
  • 建築予算:6,500万円(概算)

現在の住まいも、敷地の段差を利用して地下車庫のある住まい。この住まいを解体し、RCの車庫を地下に設けた木造2階建ての住宅を建築する計画。 1階は親世帯、2階は子世帯が暮らす完全分離型の二世帯住宅で、地下車庫部分も家相的に無難となるように設計しました。全く段差のない敷地では地下車庫は難しいのですが、このケースでは、車庫部分の上部を寝室としないなど工夫をこらして無難に設計しています。施工会社については、施主から家相建築に精通した業者との要望があり、 当方で指定させていただきました。無事、予定通りに竣工し、施主にもお喜びいただきました。
【主な作業】
現場出張、地盤調査及び測量立会い、解体工事立会い、設計図書の作成、確認申請業務、施工業者指定、見積もりのチェック、各種打合せ、地鎮祭・上棟祭・竣工祭に参列、施工現場チェック、竣工検査立会い

▶家相監理その2参考例③ 兵庫県 K様邸新築工事 総額:3,000,000円
  • 構造:木造2階建て
  • 設計開始から竣工までの期間:約1年間
  • 建築予算:3,000万円(概算)

施主の実家の敷地内に建築する計画。実家に悪影響が及ばないように考慮して計画を進行しました。 施工会社は施主の希望で自然素材にこだわった業者を選定。施主と共にモデルハウスも見学し、家相との相性も事前にチェックしました。 間取りがほとんどまとまったタイミングで、施主の奥様が第2子をご懐妊。第2子の生まれ星を考慮した間取りに変更させていただきました。
【主な作業】
現場出張、施工業者選定、設計図書の作成、確認申請業務、見積もりのチェック、各種打合せ、地鎮祭・ 上棟祭に参列、施工現場チェック、竣工検査立会い