吉相の間取りで開運家づくり「家相建築設計事務所」

正しい家相で理想の間取りをご提案。風水、方位学

凶相によるトラブルの事例

「その悩み、もしかしたら家相が原因かも?」
人によっても異なりますが、大体住み始めて3ヵ月から2年ぐらいで、家相の影響が出始めます。
いろんなトラブルの原因が家相にあるかも知れません。
そこで、今までの実例を問題別にまとめてみました。リフォームや新築の際、参考になれば幸いです。

健康のトラブル

●イライラやストレスを強く感じる

イライラやストレスの原因は、自分の十二支方位にあります。自分の方位に火気や水まわりなどの不浄物が配置されてしまうと、すっきりしません。病院に通うまでにはないにしても、出かけることがおっくうになり、人と話すことにも前向きになれません。自分の十二支方位は、自分の健康状態を映す鏡のようなものなので、大切にしてほしいと思います。

●精神的な病を発病してしまった
精神的な病は、ガスレンジなどの火気が原因となります。特に鬼門線上や北の正中線上に火気が配置されてしまうと、とても危険です。家相の影響は、その家に住んだ期間が長ければ長いほど強く出やすいので、早めの対処が求められます。短期間で発症した場合には、凶相を改善することで回復するケースもありました。
●目の病や骨折をともなうケガ

これは、中央階段が原因でした。階段が家の中心部にある中央階段の家では、そこに住む人が目の病になることや、骨折を伴う事故やケガが多くなってしまいます。ひどい時には、中学生の男の子が、今までに4回も骨折していたケースもありました。交通事故に象意が出ることもあるので、頻繁に事故にあうようなら、ご自宅の階段をチェックしてほしいと思います。

●婦人系や消化器系の病

汚水管や浄化槽の方位が原因のことがあります。汚水管が建物の下を通ることや、浄化槽が鬼門や家族の十二支方位に配置されていると、血のめぐりが悪くなります。汚水管や浄化槽のトラブルは、男性よりも女性に強く出ることが多いので、しっかりと注意してください。

●主人や長男など、男性が病弱

井戸の方位が悪いと、男性に出ることが多くなります。吉方位の井戸は幸運を招くこともありますが、その反面、凶方位にしてしまうとその家の家運を衰退させます。そのため、特に主人や長男が病弱で早死にするケースもありました。昔風の掘り抜き井戸は少なくなっていますが、パイプを通してモーターで吸い上げる簡易な井戸でも、最低限の注意は必要です。井戸の新設や移動、または、埋め戻すときには、しっかりと家相の知恵を活用してください。

夫婦のトラブル

●夫婦仲がうまくいかない

夫婦それぞれの十二支方位に火気や水まわりが配置されると、夫婦仲がうまくいきません。また、寝室の方位やベッドの向きも影響することがあります。北西方位に建物の欠けがあり、南西方位が大きく張り出している家を「後家相の家」といいますが、家相の問題から夫婦のトラブルに発展するケースは、実は意外と多いのです。

●浮気や金銭トラブルが頻繁

北東表鬼門や南西裏鬼門に玄関があると、こんなトラブルが多くなります。特に北東は人間関係のトラブル、南西は金銭トラブルが多いですね。もともとギャンブルやお酒が好きな人が鬼門玄関の家に住んでしまうと、結果は散々です。引っ越しを機に問題が出て離婚。こんなケースもありました。

●夫が定職に就かず、家に寄り付かない。

北西方位が欠けている家では、一家の主が不安定になります。本人のやる気に関わらず、仕事運に恵まれない。ご主人が頻繁に家に帰ってこないケースもありました。また、大きな吹き抜けもだめです。吹き抜けの方位が北西や家の中心部に近いと、やはり、一家の主の運気が落ちてしまいます。ご主人の素行の悪さは、建物の欠けや吹き抜けに原因があるかも知れません。

●妻が家の中を片付けられない

これも、家相に原因があります。今まで、たくさんのお宅を訪問しましたが、家相の悪い家に住むと、家の中が片付かなくて物があふれてしまいます。とても身ぎれいでしっかりしている奥さんでも、家の中はひどい状況。こんなケースは多くあります。家相が悪いとやる気もエネルギーも出ません。玄関・家の形・火気水まわりなど、自宅の家相をチェックしてみてください。

●一生懸命働いても成果が出ない

努力が報われないのは、本当につらいことです。努力なくして幸運をつかむことはあり得ませんが、せっかくの努力が水の泡となってしまうのはとても残念です。まず、玄関の方位と家の形を確認してください。運気が衰退するのは、この二つに原因があります。玄関が鬼門にある。玄関がアルゴーブのようにくぼんでいる。家が凸凹している。こんな家に住んでいては、努力が報われません。

子供のトラブル

●成績が上がらない

机の向きなど、子供部屋のレイアウトを変えて成績が上がったケースもありました。特に、南向きや西向きの机で勉強していると効率が悪いようです。机は、北向きか東向きがおすすめです。

●友達ができない

子供部屋の方位を見直して、友達が増えたケースがありました。長男は東方位、長女は東南方位が吉相となります。その他にも、子供たちの十二支方位や九星方位を活用することもできるので、対処方法はいろいろあります。少しの工夫でも改善できるので、ぜひ、試してみてください。

●親に反抗的な態度をとる

仏壇や神棚の方位が間違っていませんか?神仏を粗末にすることや礼を失すると子供が反抗的になります。神棚や仏壇の上部を踏みつけてしまうのは最悪なので、すぐに対処してください。また、先祖の障りは子供の首から上に症状が出ます。原因不明の高熱や頭痛が続いたら、神棚や仏壇の方位を確認してみてください。

●登校拒否や引きこもり

引っ越しの方位や家相の問題が重なると、登校拒否や引きこもりになるケースもあります。特に、夜起きていて昼間に寝てしまう逆転生活はよくありません。とにかく昼間は寝かさず、夜中まで起きていないようにすること。そして、理想は、朝日を浴びて起きることです。昼夜逆転を改善し朝日を浴びると、子供の心と体が整い改善します。ただし、因縁深い地相の問題や、井戸を埋め戻さず建物を建ててしまったケースでは、この方法だけでは無理でした。もっと根本的な対策が必要なケースもあります。