<link rel=”canonical” href=”http://kaso.co.jp”>

☆連載ブログ61「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ㉚ 書斎☆

d55ad047859971c2fe2b079fdd8b9ca0_s

 

 

 

皆様こんにちは、佐藤秀海です。

 

 

今回も拙著「よくわかる家相と間取り」(エクスナレッジ)の中から、
皆さんに参考にしてほしい部分を紹介いたします。

 

 

img_book08


 

 

方位の特性を生かして

使う人や内容にあわせた書斎に

 

 

 

002
 

仕事専用の書斎は北側の場所が最適

 
20160830180841-0002

書斎と一口に言っても、
その部屋がどんな使い方をそれるのかによって方位が異なります。

 

 

方位的には、北側は神経が集中できる方位で、仕事や勉強に励みたい人に向いています。

絵を描いたり、曲を作ったりなど芸術的センスを磨きたい人には、南側が良いでしょう。

 

 

たとえば

 

 

 

音楽を聴いたりゲームをしたりといった趣味で使うホビールームの場合には、
より多くの採光が入る家の南側の場所が適しています。

 

 

3bc3042ac59697d2c51be4284b285096_s
 

 

しかし

 

仕事で使う場合には、北側の場所が適してるのです。

書斎を仕事と趣味で区別しない場合は、方位の特性を利用した配置場所があります。

 

 

 

cab0554c8987eb9db46d3addb3e8977c_s
 

 

その書斎を使う人が経営者の場合には、適している方位は北方位。

 

 

 

家相学的に、北方位の書斎を利用していると、部下に対する指導力が高まり、
部下から信頼も得ることが出来て、職場の人間関係が良好になります。

 

 

企画や開発、研究職についている人に適しているのは東方位です。
過去の分析などから斬新な発想が生まれるということもあり、
創造的な仕事をしている人に向いています。

 

 

 

芸術家、政治家、弁護士などに適しているのは南方位です。

 

 

 

西方位は銀行など、金融関連の仕事についている人に適しています。
特に、資産運用のジャンルに携わる人には、北西方位が最適です。

 

 

 

方位にはそれぞれ特性があるので、書斎を配置する場合には特性を生かすようにしてください。

 

 

 

7f59ebb67a4eea9dea63b80915fdda71_s


 

 

主寝室の中の書斎は要注意!

 

 

 

主寝室の一部に書斎コーナーを作るケースがありますが、注意が必要です。

 

 

 

妻が寝ているときに夫がパソコンなどで作業をしていると、
照明の明かりやキーボードの音などで睡眠が妨げられるということもあり、
健康の面でも好ましくありません。寝室内の明かりや音には十分に注意してください。

 

 

本来、寝室はゆっくり休むためのスペースですから、
書斎は別の部屋に設けてほしいと思います。

 

 

 

独立した書斎は、主人の社会運や家庭運も向上する効果も期待できるので、
試してほしいと思います。

 

 

 

20160830180841-0003
002
家相建築設計事務所

お問合せ   マップ

news

facebook

twitter

Blog

*
*
* (公開されません)