<link rel=”canonical” href=”http://kaso.co.jp”>

☆ 連載ブログ 59「よくわかる家相と間取り」エクスナレッジ ㉘ 寝室は十二支方位と枕の向きがポイント☆

猫

 

 

 

皆様こんにちは、佐藤秀海です。

 

 

 

今回も拙著「よくわかる家相と間取り」(エクスナレッジ)の中から、皆さんに参考にしてほしい 部分を紹介いたします。

 

 

 

よくわかる!家相と間取り

 

 

 

部屋別でわかる「吉相と凶相」
寝室 魂が宿る寝室は十二支方位と枕の向きがポイント

 

 

 

グリーン 大 ふんわり

 

 

 

寝室は家族定位や十二支などで判断する

 

 

 

人間が生きていくためには、質の高い睡眠が必要不可欠です。

 

 

 

なぜなら、

質の高い睡眠を確保することができれば、心身ともに健康で、常にリフレッシュできるからです。

 

 

キイロ

 

 

そのため寝室は、家の中ではとても重要な場所となるため、寝室の住環境を高めることが大切です。

 

 

 

家相学上の約束事も、質の高い睡眠をとるためにあるといっても過言ではありません。

ただし、寝室だけを無難な方位にしても効果はありません。

 

 

 

たとえば、健康に影響を与えるとされるガスレンジなどの火気や、

トイレなど水まわりの場所が正しい方位に配置されてなければ、

しっかりと質の高い睡眠をとることができず、健康を害してしまいます。

 

 

 

間取り、向き

 

 

 

家相学上の約束事を守った上で、寝室の方位を吉相にすることが大切です。

 

 

 

寝室は、十二支方位や九星方位、家族定位を用いて、

その人にかかわりがあるところに位置する部屋にします。

 

 

 

向き、方位

 

 

 

たとえば、家族定位の場合は、一家の主は北西、妻は南西、長男は東、長女は東南というように、方位の役割によって方位が決まっています。

寝室を決める場合は、これらのどの方位を用いても大丈夫です。

子年生まれのお父さんなら、もし北西に部屋が取れないときには、お父さんの十二支の子年の方位、つまり北の部屋でもいいわけです。

 

 

オレンジ 大 ふんわり

 

 

 

北方位に頭を向ける「北枕」で寝るのが最良!

 

 

 

寝るときの向きもポイントです。

 

 

 

家相では、北方位に頭を向ける「北枕」が最良です。

 

 

寝室 北枕

 

 

一般的に、北枕は亡くなった人が寝る向きというイメージがありますが、昔から、身分の高い方はこの「北枕」を好んで活用していました。

 

 

 

本来はとても良いことなのです。

 

 

 

北枕以外では、東方位も吉相です。

 

 

 

西や南に頭を向けて寝ることは避けたほうがよいでしょう。

 

 

 

二つの寝室が隣り合っている場合は、お互いに足を向けて寝るとゆっくり休めないので、

頭同士が向き合うようにするか、一番よいのは頭の向きを同じ方向にそろえることです。

こうすることで、しっかりとした睡眠をとることができるのです。

 

 

夏

 

 

 

ピンク 大 ふんわり

 

家相建築設計事務所

お問合せ   マップ

news

facebook

twitter

Blog

*
*
* (公開されません)